statement
24 11月 2017

statement 

The scenery is primitively a seemingly comfortable place that you could visualize, fancy, stop and choose as you like and you could look at, turn away, get in or pass-through whenever you want and it could be a fragmental delusion merging with your own reality. In some cases, it may merge and become one massive stream and guide yourself in a new direction. However, sometimes such a depictable reality would sort out as the same kind of reality as it was before, you wouldn’t be only unaware, and could be producing a simply huge intolerance to yourself as a simple, huge and unmanageable one.

In such a case, it’s worth noting that is what you have only seen as scraps in the fantasy but in the reality may become a piece of tolerance and it could replace the sense of values or words with your own sense of values or words. Stumbling over a large fragment of intolerance does not stop reality.

目を向けたり背けたりすることのできるような出会ってはすり抜けて行く日常の景色は自分が好きなように描いたり空想したり、止めたり選んだつもりでいられる一見心地の良い場所。自身の現実と断片的に合流して妄想したり、場合によっては合流して一つの大きな本流となって新たな方向に自分を導いていくかもしれない。ただしかし、時にそんな描かれた現実はそれ以前の自分の現実と同質なものを取捨選択しているだけで、単純巨大化した手に負えないものとして自分に対する不寛容さを生み出してはいないだろうか。

そんな時に思い出して欲しいのは、描かれたものではない現実にあった、実はスクラップとしか見えていなかったものは、小さな寛容さの種となって借りてきただけの価値観や言葉を変質させるに耐えうる物語が生まれるかもしれない。大きな不寛容さの断片につまずき嘆いても現実は止まらない。